| ログイン | 
コンテンツ
媒体紹介とコンタクト
週刊サケ・マス通信のサイトにようこそ

札幌市に本拠を置き取材活動を行う「週刊サケ・マス通信」のオフィシャルサイトです。北海道を中心に最新の秋サケ水揚げ状況から、加工流通に至るまでを網羅したサケ・マスの総合情報メディアです。
また北海道の水産関連事業の最新ニュースなども提供し、水産業界から一般消費者に向けたPR、さらに北海道の浜からの「海の幸の話題」などもお届けしていきます。
カテゴリ一覧
ブログ カレンダー
« « 2019 10月 » »
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
週刊サケ・マス通信のブログです
週刊サケ・マス通信で取り上げた記事のアーカイブ、web独自コンテンツを掲載しています。


情報提供もお待ちしています
当ブログ記事はgoogleニュースに配信されています。水産業に関連する情報をより広く伝えるweb媒体としてご活用下さい。
イベント告知、新商品紹介などは、ぜひご一報を。

人気ブログランキングへ


バッセル化学の船底塗料

おなじみの「新海物語」3タイプ!
詳細はバッセル化学のページ

サケ・マス通信ブログ - 商品紹介のエントリ

ヘッダーナビゲーション

現在のカテゴリー位置

水産レポート > 商品紹介 函館・カワシマの高級フレーク「銀聖焼きほぐし」が好評 2012/01/27 10:41 am

日高銀聖使用の高級フレーク・焼きほぐしが好評


スモークサーモンの老舗・函館市のカワシマが製造販売






















 スモークサーモンの老舗・函館市のカワシマが製造販売する「本山漬・銀聖鮭焼きほぐし」が各方面で好評を博している。ブランド秋サケの元祖「日高銀聖」を使ったサケフレークで、昨年は震災の影響もあって保存が効くフレーク製品が売れ筋となり注目されたが、本品は一般的なサケフレークの一段も二段も上を行く本格志向の逸品。ギフト向けなどを主体に静かなブームを呼んでいる。


 赤と黒をイメージカラーに上蓋には「銀聖」のロゴをプリント。80グラム入れのビン容器も通常フレークに使われるものよりやや背の高いものが使用されており、高級感が演出されている。日高沖で水揚げされた厳選された秋サケ・銀聖と食塩だけで手を掛けてつくられており、味わい深さでは他のフレーク製品とは確実に一線を画す。


 主に頒布会を通したカタログ販売や他のサケ製品との詰め合わせセットなどギフト向けでの販売が主流。このため単品で小売りされる機会が少ないこと、さらには生産量自体が少ないこともあって入手がやや難しい稀少な品だ。


 同社では現在、スモークサーモンやイクラなど、このフレークを含めて銀聖を原料に使った5つのアイテムを製造。「専門のスモーク製品を銀聖でつくってみないか」とスーパー筋から打診を受けたことをきっかけに2005年から販売を開始した。同社の河島善一(よしかず)社長は「脂分が少なく、色目もベニに劣る秋サケは当初スモークには向かないのではと考えていたが、紹介を受けて食べてみたら美味しくてまさに目から鱗、灯台下暗しとはこのことだと感じた」と製造を決断。この流れで本フレーク製品も製品化された。秋サケは東北以北各地で広く水揚げされているが、この時の感動から原料は現在でも銀聖だけに絞って使っている。


単価上昇厳しく量産難しいが、品質は折り紙付き


 えりも町のマルデン(伝法貴司社長)から原料提供を受けており、年間約40トンを買い付けている。河島社長は「近年は水揚げ不振の影響から単価が大幅に上昇している。製品単価になかなか反映させられにくく厳しい面も」と苦笑い。それでも「銀聖には厳しい規格があり、このため量産できないなど難しい部分もあるが、半面品質は折り紙付きだ」と太鼓判を押す。今後もこだわりの逸品づくりに励む意向だ。


【問い合わせ先】株式会社カワシマ 函館市広野町3−2 電話:0138-31-6621

このエントリーの情報

水産レポート > 商品紹介 魚醤油「鮭太郎」と「鱒次郎」 新千歳空港で販売開始し人気の兆し 2011/08/30 1:30 pm

網走第一水産加工協の魚醤油

「鮭太郎」「鱒次郎」

新千歳空港でも販売開始

販路広げ人気の兆し























網走ザンギ丼に続き、昨年は「きらりっぷ」の認証も
網走第一水産加工業協同組合が製造販売している手造り魚醤油「鮭太郎」と「鱒次郎」が評判を呼んでいる。
平成20年にオホーツクサーモンを具材にした新ご当地グルメとして網走市が開発した「オホーツク網走ザンギ丼」の味付けに採用されたのに続き、昨年は道産食品独自認証制度(きらりっぷ)への登録も完了、このほど新千歳空港のアンテナショップにも置かれるようになるなど販路が広がっており、人気の兆しをみせはじめている。


サケトバづくりがヒントに
全国唯一の「オホーツクサーモン」の魚醤油
本品は、前浜で水揚げされる鮮度抜群の秋サケとカラフトマスを原料に、米麹と酵素でじっくりと発酵・熟成された逸品。
こくと深みのある旨味が特色で和洋中どんな料理にもマッチする。

薄口の「鮭太郎」と濃口の「鱒次郎」の『おいしい兄弟』のセットで120ミリリットルと200ミリリットルの2種類が市販されているほか、「めんつゆ」などの素材として業務用としてのの販売も行っている。

開発を始めたのは今から十数年前にさかのぼる平成11年で、サケトバ製造を行っていた際に同組合の田中正彦常務が「こうした製品には魚醤油が馴染むのではないか」との着想を持ったのがきっかけ。

東京農業大学や道食品加工研究センターなどの協力を得ながら多くの試行錯誤の末に品質改良に努め、2年後の平成15年に完成に至った。
現在ではサケ・マス素材に限らず多くの製品が世に出るようになり、認知も進んだが魚醤油だが、本製品はこうした魚醤油製品のパイオニアの1つに数えられている。
特に旬の時期が限られるカラフトマス(オホーツクサーモン)を原料とした魚醤油は全国でも本品のみ。

主に網走市内のスーパーや土産物店、道の駅など地元を中心に販売されているが、他ではなかなか手に入れられないのが難点でユーザーからの問い合わせも時折寄せられていた。
しかし、今年の新千歳空港のリニューアルに合せて整備された「北海道ショールーム」での販売が開始されるなど徐々に販路は広がっており、今後の展開にも期待がかかる。


エゾシカ肉を使った「鹿醤油」の試作も
「醤油は奥が深い」と話す田中常務は、道東方面を中心に増えすぎたことで農業被害などの問題が起きているエゾシカの肉を使った醤油造りにも挑戦し、試作段階ながら製品を完成させている。
「『鹿醤油』とでも呼べばいいのか。知り合いからもらった肉でやってみた。エゾシカは加工歩留まりが低く食べられる部位が少ないのが難で、これを有効活用する意味でも挑戦してみたが良い仕上がりとなった。市販までいける可能性はある」と新たな展開も視野に入れる。

問い合わせは、網走第一水産加工業協同組合まで。
網走市能取港町3丁目2番地TEL0152−47−2088


(週刊サケ・マス通信 2011.08/30配信号に掲載)

このエントリーの情報

水産レポート > 商品紹介 通に密かなブーム佐藤水産の「石狩ラーメン」 2010/04/30 7:00 am

通に密かなブーム佐藤水産の「石狩ラーメン」

「鮭醤油」使用でサーモンテイストも満喫!

札幌市の秋サケ加工大手のまるだい佐藤水産が販売している「石狩ラーメン」がラーメン通の間で密かなブームとなっている。
本品は、東京農大の小泉武夫教授プロデュースで一昨年春の発売以来、瞬く間に大ヒット商品となった秋サケを使った本格魚醤「鮭醤油」に加えて、昆布だしをブレンドしたスープが大きな特徴。
肉などをまったく使っていないにもかかわらず、味わい深さが人気となっており、ほのかなサーモンテイストが味わえる。
あっさり系ながらもコク深く、低カロリーなのも魅力で女性ファンも多い。
麺も道産の「ホクスイ」を100%使用するこだわり。1食入り280円でお徳用の6食、12食入りも用意。直営店などでお求めを。
(2010 0305配信記事から)

このエントリーの情報

2013年度版のご案内


定置網漁業者手帳
当サイトからご注文
いただけます



現場で使える定置網技術書の決定版です!
申し込みはこちらへ
ミニサイトマップ
水産カレンダー
前月2019年 10月翌月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
<今日>
10月23日 の予定
予定なし