| ログイン | 
コンテンツ
媒体紹介とコンタクト
週刊サケ・マス通信のサイトにようこそ

札幌市に本拠を置き取材活動を行う「週刊サケ・マス通信」のオフィシャルサイトです。北海道を中心に最新の秋サケ水揚げ状況から、加工流通に至るまでを網羅したサケ・マスの総合情報メディアです。
また北海道の水産関連事業の最新ニュースなども提供し、水産業界から一般消費者に向けたPR、さらに北海道の浜からの「海の幸の話題」などもお届けしていきます。
カテゴリ一覧
ブログ カレンダー
« « 2019 12月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
週刊サケ・マス通信のブログです
週刊サケ・マス通信で取り上げた記事のアーカイブ、web独自コンテンツを掲載しています。


情報提供もお待ちしています
当ブログ記事はgoogleニュースに配信されています。水産業に関連する情報をより広く伝えるweb媒体としてご活用下さい。
イベント告知、新商品紹介などは、ぜひご一報を。

人気ブログランキングへ


バッセル化学の船底塗料

おなじみの「新海物語」3タイプ!
詳細はバッセル化学のページ

サケ・マス通信ブログ - サケ輸出 円安背景に端境期も好調継続

ヘッダーナビゲーション

サケ輸出 円安背景に端境期も好調継続2013/09/03 9:43 am

円安背景に端境期も好調継続

7月のサケ輸出実績

 通関統計に基づく7月のサケ輸出実績は単月2893トン、6億3521万円となり、円安を背景に前年同月に比べて数量で4.5倍、金額で3倍と好調に推移している。サケ漁不振に伴う製品相場高騰に加えて原発風評、円高などここ2年は逆風が強く不調だった輸出だが、今年は健闘が目立ち、端境期に入っても数字的には大きな落ち込みなく搬出されている。

 単月実績を国別にみると、主力の中国向けが2105トンとまとまり前年同月の10倍を記録。このほかベトナム向けも459トンと倍増。タイ向けも178トンとほぼ前年並みの水準を維持した。これで累計実績は1万3539トン、30億5284万円となり、数量で8割、金額で2割それぞれ増加。中国向けは8837トン、ベトナム向けも2395トンとそれぞれ前年同期の2倍を記録するなど復調振りが顕著となっている。
 (週刊サケ・マス通信9月3日配信号に掲載)

このエントリーの情報

トラックバックping送信用URLを取得する

このエントリーの記録

2013年度版のご案内


定置網漁業者手帳
当サイトからご注文
いただけます



現場で使える定置網技術書の決定版です!
申し込みはこちらへ
ミニサイトマップ
水産カレンダー
前月2019年 12月翌月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
<今日>
12月8日 の予定
予定なし