各分野スペシャリスト招き2011年1月25日に開催 当誌主催「第2回秋サケ・定置網セミナー」

投稿日時 2010-12-22 13:03:57 | カテゴリ: 編集部から

各分野スペシャリストを講師に招き来年1月25日に開催




The SalmonWeekly News
週刊サケ・マス通信主催


「第2回秋サケ・定置網セミナー」




先般、当トピックで告知の通り、当誌主催の「第2回秋サケ・定置網セミナー」を2011年1月25日(火)、第2水産ビル8階会議室(札幌市中央区北3条西7丁目)で開催します。
プログラム等セミナーの詳細が決定いたしましたのでお知らせ致します。




北海道、東北エリアの主幹漁業として漁業生産の屋台骨を支える秋サケ定置網漁業―。
しかし、近年の秋サケを振り返ると、資源は高位にあると考えられるものの特に来遊に関しては年や地域によってかなり不安定な動向をみせ、温暖化が懸念される環境変化ともリンクする形で様々な課題が浮き彫りとなる状況にあります。

また、消費流通に関してもドレス製品の輸出進展により世界的な商材として認識される一方、国内における新規すそ野開拓やブランド化、さらには近年苦戦が続くイクラ流通など解決すべき問題は少なくありません。
昨年に続き開催させていただきます本セミナーは、生産、流通を主体に各分野におけるスペシャリストの方々を講師に招き、近年の重要課題を総合的に網羅し、様々な題材を取り上げることで秋サケ定置網漁業の今後の一層の発展に寄与する目的で開催するものです。関係各位の多数のご参加をお待ちしております。


問い合わせ、申し込み等は、
「2011 秋サケ・定置網セミナー」専用フォームからどうぞ。

---------------------------------------------------------------------

<セミナープログラム>

・10:00〜10:05
開会・主催者あいさつ

・10:05〜11:30
■意見交換会〜セイコーマート・大ヒットシリーズ「100円惣菜」から見えてくる道産秋サケ販売促進のヒント
株式会社セイコーマート 商品統轄本部商品部部長 浦安昭宏氏
株式会社北嶺 代表取締役社長 藤原直人氏

・11:30〜13:00
お昼休み

・13:00〜15:00
最近のサケ・マスの来遊資源の特徴〜資源と生態に関する最近の知見〜
北海道に野生サケはどれくらいいるのか?〜野生サケの分布状況と保全の重要性〜
地方独立行政法人北海道立総合研究機構さけます・内水面水産試験場 さけます資源部さけます管理G主査宮腰靖之氏

・15:00〜16:00
全国・道内の消費者は道産サケをどうみているか〜北海道の歴史と食文化からニーズを考える〜
株式会社北海道百科 商品仕入・開発部長 氏家完二氏




開催日:平成23年1月25日(火曜日)午前10:00〜午後4:00
会場:第2水産ビル8階会議室(札幌市中央区北3条西7丁目)
受講料:30,000円(部会等一括対応による割引有)
※参加希望の方は会場設定の都合等ありますので、事前にご連絡下さい
---------------------------------------------------------------------

当サイトからのセミナー内容への問い合わせ、申し込み等は、
「2011 秋サケ・定置網セミナー」専用フォームからよろしくお願い致します。


第1回セミナー(2010. 1月25日開催)紹介記事など
セミナーの様子(紹介記事)

講演内容(3講演の紹介ブログ記事)




週刊サケ・マス通信OnLineにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://sakemasu.sp.land.to

このニュース記事が掲載されているURL:
http://sakemasu.sp.land.to/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=76