【3月のサケ・マス類輸入】再び増加傾向へ

投稿日時 2016-05-12 09:05:14 | カテゴリ: 誌面記事ダイジェスト

再び輸入は増加傾向へ

チリ冷ギン主体に2割増


【3月のサケ・マス類輸入】

<2016.5.13日配信号>

 財務省の貿易統計に基づく3月のサケ・マス類輸入実績は、フィレ製品を含め単月で1万8,517トン、138億3,649万円となり、前年同月に比べて数量で2割増となった。チリ産冷凍ギンザケの搬入が平成25年以来3年ぶりの高水準で推移していることなどが要因で、ここ2シーズン続いた輸入物の縮小傾向から脱却する勢い。

相場は冷却・単価2割安 国産サケ・マスにも影響か

 総体のキロ単価は747円と3カ月ぶりに700円台に戻したが、相場の冷却が進んでいることで搬入金額は6%増にとどまった。ギンを主体とした輸入物の下方修正と搬入増に伴い、国内サケ・マス類の相場形成にも影響が出そうな情勢となっている。
 (詳細記事は「週刊サケ・マス通信」のご購読をお願いします)




週刊サケ・マス通信OnLineにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://sakemasu.sp.land.to

このニュース記事が掲載されているURL:
http://sakemasu.sp.land.to/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=428