2010.0827配信 道内秋サケ立ち上がりスロー発進

投稿日時 2010-08-27 12:15:09 | カテゴリ: 誌面記事ダイジェスト

高水温影響か、本格化前も過去5年で最低水準

道内秋サケ 立ち上がりスロー発進

加工流通サイドにとっては厳しい相場形成

24日に解禁を迎えた道内秋サケ定置網漁は、先行の釧路、十勝、根室管内太平洋側の各地で走りの水揚げが行われているが、解禁後3日間の累計水揚げは258トンにとどまり、過去5ヵ年で最も少ない水準となっている。
ただ、先行地区も沖網が稼動前(28日網入れ)で、沿岸水温についても例年に比べて高めの推移をたどっていることなどが影響しているものとみられ、今後水揚げの拡大ペースが注目されるところ。
浜値はメスで400円台後半から500円台、オスも300円前後を付けるなど、前年同期とほぼ同水準の高値が形成されている。
(続きは週刊サケ・マス通信誌面でお読み下さい)

北海道内秋サケ定置漁業 操業期間について




週刊サケ・マス通信OnLineにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://sakemasu.sp.land.to

このニュース記事が掲載されているURL:
http://sakemasu.sp.land.to/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=41