【岩手サケ折り返し】不漁続く県南でキロ単価平均700円台に

投稿日時 2015-12-07 11:51:14 | カテゴリ: 誌面記事ダイジェスト

不漁続く県南で単価平均700円台

=岩手県秋サケ折り返し=

<2015.12.4日配信号>

久慈、普代など県北は盛り返す

 震災の影響に伴い厳しい操業が続く盛期の岩手県の秋サケ漁は、12月に入り折り返しの時期を迎えたが、県北を除いて前半戦の不振をばん回できずに後半戦へと突入した。

 歳末繁忙期に加えて無い物高が重なり、浜値は顕著な不漁に終わった平成23、24年シーズンを大きく上回る高騰を続けており、11月末時点で定置物の平均キロ単価は604円と600円台に突入、不振が目立つ県南の釜石、大船渡では11月下旬でついに平均700円台にまで上昇、今後の漁模様次第だが、近年最高値の更新が確実な情勢となっている。
 (記事詳細については本誌のご購読をお願いいたします)




週刊サケ・マス通信OnLineにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://sakemasu.sp.land.to

このニュース記事が掲載されているURL:
http://sakemasu.sp.land.to/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=408