【道内秋サケ定置】7日現在で累計4,800トン H25年上回る良好発進

投稿日時 2015-09-08 09:48:03 | カテゴリ: 誌面記事ダイジェスト

道内秋サケ定置 斜網地区の陸網加わり全漁協出揃う

7日現在で累計4,800トン

H25年上回る良好発進


<2015.9.8日配信号>

 道内秋サケ定置網漁は、9月6日に大所・斜網地区の陸網、続いて7、8日にかけて知床半島突端部を挟んだ南北の陸網が解禁となり、これで全地区全漁協が出揃った。主力エリアの沖網はまだ未稼働ながらここまでの水揚げは良好で、今シーズン初の週明け2日分となった7日は全道合計で今期最多の日量1316トンを水揚げ。順調に生産規模を拡大させており、累計水揚げはこれで4805トンと前年同期に比べて5割増、平成25年をわずかながら上回り近年最多とした。

浜値若干強含み メス700円台、銀オスも一部400円台

 浜値はこの1週間で若干強含みに転じ、根室管内のメスが700円台に上げたほか、オスも銀の一部で400円台に乗せてきた。
 (記事詳細については本誌のご購読をお願いします)

 本誌の本サイトもご覧下さい。→「週刊サケ・マス通信」本サイト




週刊サケ・マス通信OnLineにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://sakemasu.sp.land.to

このニュース記事が掲載されているURL:
http://sakemasu.sp.land.to/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=383