宮城の銀ザケ 日量20トンペースに拡大

投稿日時 2015-04-03 08:49:38 | カテゴリ: 誌面記事ダイジェスト

宮城の養殖銀ザケ

日量20トンペースに拡大


水温高く成育順調で良形多し、活締め出荷も好評

 <2015.4.3日配信号>

 例年通り3月下旬から今期の出荷がスタートした宮城県の養殖ギンザケは、水揚げ開始から約2週間となり、石巻市場はじめ今月からは女川、志津川などでの扱いも増え県内日量で20トンのペースに拡大している。今シーズンは沿岸水温の上昇が比較的早く、飼育魚の餌食いも良好。順調な育成状況を反映してサイズアソートは早くも1.5キロアップの比率が高まるなど型は良形が多くなっており、徐々に本番ムードを高めている。
 (詳細記事については「週刊サケ・マス通信」本誌のご購読をお願いします)




週刊サケ・マス通信OnLineにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://sakemasu.sp.land.to

このニュース記事が掲載されているURL:
http://sakemasu.sp.land.to/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=361