平成26年のサケ・マス輸入 過去20年で最少の22万トン

投稿日時 2015-02-06 09:00:10 | カテゴリ: 誌面記事ダイジェスト

=平成26年サケ・マス類輸入=

過去20年で最少の22万トン

搬入単価は前年比4割アップのキロ856円

 財務省通関統計に基づく平成26年のサケ・マス類輸入は、年間最終実績で21万9900トン、1883億円となった。前年に比べて数量で12%、3万トンも縮小した一方で金額ベースでは逆に2割もの増加となっており、数量では過去20年で最少ながらも金額では過去最多水準。輸入キロ単価はフィレ製品を含めて856円と前年比4割高と近年なく高騰。

 世界的なサーモン需要の高まりと養殖生産の頭打ち傾向に伴う国際的な需給バランスの崩壊に加えて円安環境による逆風が重なり、平成24年の過去最多から一転して2年続けての急落と過去に例のない歪んだ搬入に終始した。
 (詳細記事については「週刊サケ・マス通信」のご購読をお願いします)




週刊サケ・マス通信OnLineにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://sakemasu.sp.land.to

このニュース記事が掲載されているURL:
http://sakemasu.sp.land.to/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=353