2010.0723配信 北日本の沿岸水温 気温急上昇で高水温状態に

投稿日時 2010-07-23 11:37:49 | カテゴリ: 誌面記事ダイジェスト

オホーツク、三陸などで3℃以上高い海域も

北日本の沿岸水温 気温急上昇で高水温状態

網走・根室海峡で2℃、
岩手・宮城方面も2〜3℃高めに

記録的な酷暑が日本のみならず世界各地で観測されている。
本州方面ではテレビや新聞で猛暑の報道が連日伝えられる中、道内は6月の記録的な暑さが和らぎ、今月に入ってからは不順な天候が断続するなど、安定しない気候に生産者は不安を募らせている。

北海道・東北エリアの沿岸水温は、春先までは平年を下回る推移をみせていたが、ここに来て一気に上昇、気温の影響を受けて例年よりも大幅に高めの推移をたどる海域が多くなっている。

特に前年の同時期に比べると、2〜3℃高い海域が大半を占めている。
このままの高水温が続けば1カ月後に解禁を控える秋サケ定置網漁、さらに徐々に水揚げ本番を迎える建マス漁への影響も懸念される状況だ。
(続きは週刊サケ・マス通信誌面でお読み下さい)




週刊サケ・マス通信OnLineにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://sakemasu.sp.land.to

このニュース記事が掲載されているURL:
http://sakemasu.sp.land.to/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=33