道内秋サケ定置網漁あす8月30日開幕

投稿日時 2014-08-29 09:01:45 | カテゴリ: 誌面記事ダイジェスト

道内秋サケ定置網漁あす30日開幕

<2014.8.29日配信号>

漁模様次第で浜高発進か
流通筋はコスト増大懸念


 道内秋サケ定置網漁があす8月30日、えりも以東海区などを先陣にいよいよスタートする。第13次秋さけ定置漁業権の初年度に当たる今期は、漁獲基準量制度を免許期間に取り込む方針と前期群資源造成の観点から昨年までの第12次操業始期に比べると6日間遅れでの開幕。

 イクラの越年在庫が近年では比較的高い位置にあるものの、競合関係にある養殖輸入サケの縮小傾向に加えて秋サケ輸出の復調ムード、さらには東北エリアで震災の影響が懸念される中、漁模様次第では親原料に対する引き合いが序盤からより一層強まる可能性も。一方、北電の電気料金再値上げや輸送トラックの不足など加工流通筋にとってはさらなる稼動コストの負担増大を強いられそうな情勢で、近年の不安定な秋サケの来遊動向と相まって今シーズンもいくつかの不透明要素を抱えながらのシーズンインとなる。
 (詳細記事については「週刊サケ・マス通信」本誌のご購読をお願いします)




週刊サケ・マス通信OnLineにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://sakemasu.sp.land.to

このニュース記事が掲載されているURL:
http://sakemasu.sp.land.to/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=317