オリジナリティと顧客主義で難局打開 ― 佐藤水産に聞く

投稿日時 2012-01-21 18:54:37 | カテゴリ: 誌面記事ダイジェスト

オリジナリティと顧客主義で難局打開
 <2012.1/20配信号>

【サケ・マス・リポート】
秋サケ製品製造・販売 道内大手の佐藤水産に聞く

「天然秋サケ」の価値感が消費者に浸透
 
 太平洋側の極端な来遊不振と震災が絡んだ製品在庫ひっ迫などを背景に近年最高値にまで高騰した昨シーズンの国内産秋サケ。

 加工・流通筋はその影響をまともに受ける格好となり、メーカー各社ともに担当者は浜値の推移や原料確保など、特に仕入れの面で大いに苦戦を強いられることになった。

 こうした中で「北海道産」「天然」に強くこだわり、製造から販売までを一貫した体制で行っている佐藤水産(本社・札幌市)は、同社最大の武器ともなっているオリジナリティあふれる豊富な自社ブランド製品と顧客主義を全面に打ち出すことでこの難局打開に当たっている。

 同社仕入管理部の佐藤公彦副部長に平成23年シーズンの流通動向などについて聞いた。
 (詳しくは週刊サケ・マス通信本誌でお読み下さい)




週刊サケ・マス通信OnLineにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://sakemasu.sp.land.to

このニュース記事が掲載されているURL:
http://sakemasu.sp.land.to/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=151