道内秋サケ 薄漁続きメス再び700円台に突入

投稿日時 2011-09-20 11:28:17 | カテゴリ: 誌面記事ダイジェスト

薄漁続きメス再び700円台に突入<2011.09/20配信号>

道内秋サケ

依然不振の前年を下回る近年最低の展開

好転兆し見えないまま「盛漁期」へ


いよいよ盛漁期に移ってきた道内秋サケ定置網漁は19日、各地が出揃い2度目となる月曜日2日分の水揚げが行われたが、全道の日産合計は1500トンほどにとどまり、期待したようなペースアップには至らず薄漁が続いている。

同日の水揚げが全般に振るわなかったことで浜値は再び上昇傾向に転じており、今月上旬以来600円台でやや落ち着きをみせていたメス価格は根室やオホーツク、十勝方面などの主力エリアで再び700円台に上げた。
累計でようやく全道1万トン台に乗せたものの、不振となった昨シーズンを依然として1割ほど下回る低調な展開で、近年では最も低位な水準。
好転の兆しが見えないままでの盛期入りとなった。


(続きは週刊サケ・マス通信誌面でお読み下さい)




週刊サケ・マス通信OnLineにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://sakemasu.sp.land.to

このニュース記事が掲載されているURL:
http://sakemasu.sp.land.to/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=125