秋サケ商戦目前 親子ともに在庫なく「売りにくい年」か

投稿日時 2011-07-29 11:20:47 | カテゴリ: 誌面記事ダイジェスト

親子ともに在庫なく「売りにくい年」か

<2011.07/29配信号>

末端の小売筋は苦戦を予想 集荷に苦労も

今期秋サケ展望 ― 消費流通編


道内秋サケ漁本番まであと1カ月。三陸の浜に壊滅的な津波被害を出した3月の東日本大震災と原発事故の発生により、農水産業だけに限らず数多くの業種で例年とは違った対応を迫られる事態となっている。
北海道に次いで水産業が盛んな三陸が被災したことで大量の冷凍在庫が消失、末端の水産バイヤーはサケ類にとどまらず全般にコスト高や集荷自体で苦労する場面が多いという。
前年の不漁と震災余波で親子ともに通常年以上にショート感の強い中での漁期入りとなる今シーズンの秋サケ商戦はどう展開していくのか? 
秋サケ展望の3回目は消費流通にスポットを当てた。
(詳しくは本誌サケ・マス通信でご覧下さい)




週刊サケ・マス通信OnLineにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://sakemasu.sp.land.to

このニュース記事が掲載されているURL:
http://sakemasu.sp.land.to/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=113