道さけ・ます増殖事業協会 「資源高品質化事業」に参画

投稿日時 2011-05-27 11:16:42 | カテゴリ: 誌面記事ダイジェスト

道内サケ・マス関連2団体が今年度通常総会<2011.05/27配信号>

道さけ・ます増殖事業協会 新規の「資源高品質化事業」に参画

道定置漁業協会 札幌で初の単独フェア開催へ


道内水産関連団体のトップを切ってサケ・マス関連2団体の通常総会が札幌市内で開催され、それぞれ今年度の事業計画など各議案について審議し、これを承認した。

5月25日に札幌市内のホテルで開催された道さけ・ます増殖事業協会(今井鐵男会長)総会では、近年やや不安定な傾向にある秋サケの来遊に関する課題解決に向けた諸対策に取り組み、昨年度まで実施されてきた国の「広域連携事業」の後継事業となる「さけ・ます資源高品質化推進事業」に新規参画するほか、新たな民間増殖体制のあり方を協議会を通して検討し年度末までに結論付するなどの事業計画が承認された。

また、24日に行われた道定置漁業協会(阿部滋会長)の総会では、引き続き主力魚種となる秋サケの普及・販促に関連する事業に努めることなどが確認され、初の単独フェアを開く意向が示された。
(続きは週刊サケ・マス通信誌面でお読み下さい)




週刊サケ・マス通信OnLineにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://sakemasu.sp.land.to

このニュース記事が掲載されているURL:
http://sakemasu.sp.land.to/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=103