2010.0319配信 H22年度全道サケ・マスふ化放流計画 10億万尾に

投稿日時 2010-03-19 14:00:12 | カテゴリ: 誌面記事ダイジェスト

平成22年度全道サケ・マスふ化放流計画

サケ放流数 前年度比790万尾増の10億1330万尾

道連合海区に諮問も答申に至らず再協議へ

今年度最後となる第19期第8回北海道連合海区漁業調整委員会が18日、札幌市内のホテルで開催され、道が策定した平成22年度のサケ・マス人工ふ化放流計画が諮問された。この中で、民間、さけますセンター合計10億1330万尾(前年度比790万尾増)とするサケの放流計画が示されたが、委員の中から異論や見直しを求める声が出たことから答申には至らず、再協議に移されることとなった。連合海区委の中で諮問された議案の再協議移行は極めて異例。
(続きは週刊サケ・マス通信誌面でお読み下さい)




週刊サケ・マス通信OnLineにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://sakemasu.sp.land.to

このニュース記事が掲載されているURL:
http://sakemasu.sp.land.to/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=10