| ログイン | 
コンテンツ
媒体紹介とコンタクト
週刊サケ・マス通信のサイトにようこそ

札幌市に本拠を置き取材活動を行う「週刊サケ・マス通信」のオフィシャルサイトです。北海道を中心に最新の秋サケ水揚げ状況から、加工流通に至るまでを網羅したサケ・マスの総合情報メディアです。
また北海道の水産関連事業の最新ニュースなども提供し、水産業界から一般消費者に向けたPR、さらに北海道の浜からの「海の幸の話題」などもお届けしていきます。
バッセル化学の船底塗料

おなじみの「新海物語」3タイプ!
詳細はバッセル化学のページ
誌面記事ダイジェスト
誌面記事ダイジェスト : 【イクラ高騰継続】漁次第で再び荷動き鈍化の懸案
投稿者 : edit01 投稿日時: 2016-04-15 08:58:49 (250 ヒット)

イクラ高騰継続

漁次第で再び荷動き鈍化懸案


=道水産物荷主協会・荷受アンケート調査から「魚卵編」=

 <2016.4.15日配信号>

生筋子は流れ堅調もイクラは輸入物先行の動き

 前回に続いて北海道水産物荷主協会がこのほど実施した荷受・商社筋へのアンケート調査から「イクラ」および「筋子」の魚卵製品についての意見を紹介する。

 昨シーズンのイクラは期首の越年在庫が少ないまま新漁へと突入、三陸を含めて漁が大きく先細りとなったことで新物相場は全体に高値推移を強いられ荷動きは鈍化した。逆に旬の生筋子、輸入塩筋子にはある程度の動きが出たものの、輸入解凍物との兼ね合いもあって末端の売り場からはやはり冷静な価格設定を求める声が一段と強まった。

 不安定な秋サケの来遊に伴い量産できないジレンマを抱える中だけに、消費の拡大さらには活気あふれる商戦を実現させるためにも今期は魚卵相場の沈静化につながるような豊漁と安定相場に期待を寄せる声が強いようだ。
 (記事詳細については本誌のご購読をお願いいたします)


印刷用ページ 

2013年度版のご案内


定置網漁業者手帳
当サイトからご注文
いただけます



現場で使える定置網技術書の決定版です!
申し込みはこちらへ
ミニサイトマップ
水産カレンダー
前月2019年 10月翌月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
<今日>
10月23日 の予定
予定なし