| ログイン | 
コンテンツ
媒体紹介とコンタクト
週刊サケ・マス通信のサイトにようこそ

札幌市に本拠を置き取材活動を行う「週刊サケ・マス通信」のオフィシャルサイトです。北海道を中心に最新の秋サケ水揚げ状況から、加工流通に至るまでを網羅したサケ・マスの総合情報メディアです。
また北海道の水産関連事業の最新ニュースなども提供し、水産業界から一般消費者に向けたPR、さらに北海道の浜からの「海の幸の話題」などもお届けしていきます。
バッセル化学の船底塗料

おなじみの「新海物語」3タイプ!
詳細はバッセル化学のページ
誌面記事ダイジェスト
誌面記事ダイジェスト : 【秋サケ漁ほぼ終漁】東北太平洋 南北で大きく明暗
投稿者 : edit01 投稿日時: 2016-01-22 21:09:47 (194 ヒット)

東北太平洋 南北で大きく明暗

【秋サケ漁ほぼ終漁】

<2016.1.22日配信号>

青森〜岩手県北は健闘も以南は大不振のまま終漁

 今シーズンの東北太平洋の秋サケ漁がほぼ終漁した。青森〜岩手県北エリアは健闘をみせ、昨シーズンを上回る漁獲に達する地区があった一方、震災復旧に伴う稚魚放流数の減少や春先の低水温などが要因とみられる回帰不振が顕著となった岩手県央以南は不調のまま切り上げを迎え、特に宮古〜釜石方面は前年実績の半分に満たない水揚げにとどまる網が多くを占めるなど非常に厳しい操業を強いられた。

 主要3県合計しても2万トンレベルに大きく届かない1万6000トン台半ばの凶漁で、年末年始の需要期と重なった漁終盤のキロ単価は岩手県央で地区によっては平均700円を超える超高値にまで高騰した。ただ、採卵については、主軸の岩手県で現状当初計画を5%ほど下回るものの、海産卵含め計4億3000万粒を確保し、漁期中の対策が奏功、増殖・生産者一丸の尽力で苦しい環境下で大きな成果を挙げた。
 (記事詳細については「週刊サケ・マス通信」本誌のご購読をお願いします)


印刷用ページ 

2013年度版のご案内


定置網漁業者手帳
当サイトからご注文
いただけます



現場で使える定置網技術書の決定版です!
申し込みはこちらへ
ミニサイトマップ
水産カレンダー
前月2019年 11月翌月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<今日>
11月18日 の予定
予定なし