| ログイン | 
コンテンツ
媒体紹介とコンタクト
週刊サケ・マス通信のサイトにようこそ

札幌市に本拠を置き取材活動を行う「週刊サケ・マス通信」のオフィシャルサイトです。北海道を中心に最新の秋サケ水揚げ状況から、加工流通に至るまでを網羅したサケ・マスの総合情報メディアです。
また北海道の水産関連事業の最新ニュースなども提供し、水産業界から一般消費者に向けたPR、さらに北海道の浜からの「海の幸の話題」などもお届けしていきます。
バッセル化学の船底塗料

おなじみの「新海物語」3タイプ!
詳細はバッセル化学のページ
誌面記事ダイジェスト
誌面記事ダイジェスト : 2010.0813配信 道総研水産研究本部が札幌で初の成果発表会 サケマス資源増殖などテーマに
投稿者 : edit00 投稿日時: 2010-08-13 12:05:03 (1038 ヒット)

札幌で初の成果発表会開催

道総研水産研究本部

サケマス資源増殖などテーマに

地方独立行政法人北海道立総合研究機構水産研究本部(余市町・中央水試内)が主催する「平成22年度水産研究本部成果発表会」が6日、札幌市のかでる2・7会議室で開催され、出席した関係者ら多数が最新の研究成果について聴講した。

本発表会は、今年4月に道立試験研究機関が統合・新体制となって初めて開催されたもの。

開会に当たり吉川正基本部長があいさつ。
「本道の水産業は漁獲の不振、あるいは魚価の低迷で厳しい状況を強いられている。漁業生産をどのように確保していくのか、生産に関しては加工したものをどうコストダウンを図っていくのか、獲ったものや加工したものをどう売っていくかなど、多様な研究テーマに取り組み、ニーズに応えていきたい」と述べた。

当日は、資源増殖、加工利用、資源管理、サケ・マス資源、内水面資源の各部門の研究成果7つが口頭発表されたほか、7つの研究成果についてポスターでの発表が行われた。

サケ・マス関連では、さけます内水面水試さけます資源部の宮腰靖之氏が「最近わかってきたサケ属3種の増殖効果の違い―資源変動と増殖効果に影響する要因解析―」と題して、同水試内水面資源部の水野伸也氏が「健康で良質な増殖用サケマス種苗を生産する―サケ科魚類の健苗性に関する研究―」と題してそれぞれ口頭発表。

ポスター展示では同水試さけます資源部の佐々木義隆氏による「野生種サケはどれくらいいるのだろう―サケの資源再生産効果に関する研究―」、同水試内水面資源部の下田和孝氏による「絶滅危機種イトウの資源を復元する―北海道におけるイトウ資源の現状と保全に向けた研究―」などが発表された。
(続きは週刊サケ・マス通信誌面でお読み下さい)


サケ・マス類 種別で異なる放流方法と効果とは

さけます増殖の現場で応用可能な稚魚の「健苗性」高める取り組みを報告


印刷用ページ 

2013年度版のご案内


定置網漁業者手帳
当サイトからご注文
いただけます



現場で使える定置網技術書の決定版です!
申し込みはこちらへ
ミニサイトマップ
水産カレンダー
前月2019年 10月翌月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
<今日>
10月20日 の予定
予定なし