| ログイン | 
コンテンツ
媒体紹介とコンタクト
週刊サケ・マス通信のサイトにようこそ

札幌市に本拠を置き取材活動を行う「週刊サケ・マス通信」のオフィシャルサイトです。北海道を中心に最新の秋サケ水揚げ状況から、加工流通に至るまでを網羅したサケ・マスの総合情報メディアです。
また北海道の水産関連事業の最新ニュースなども提供し、水産業界から一般消費者に向けたPR、さらに北海道の浜からの「海の幸の話題」などもお届けしていきます。
バッセル化学の船底塗料

おなじみの「新海物語」3タイプ!
詳細はバッセル化学のページ
誌面記事ダイジェスト
誌面記事ダイジェスト : 【ぎょさい】手厚い補償で経営基盤の強化に貢献
投稿者 : edit01 投稿日時: 2015-07-31 09:28:50 (405 ヒット)

手厚い補償で経営基盤強化に貢献

しっかり加入で安心経営―漁業共済特集

<2015.7.31日配信号>

 北海道漁業の屋台骨を支え、加工・観光業など地域経済の重要なけん引役でもある道内サケ・マス定置網漁業。しかし、昨年は多獲エリアを主体に水揚げは伸び悩み、再び全道10万?台へと落ち込むなど近年の不安定な来遊動向を継続、不透明感の強い情勢が続いている。加えて製品価格の高騰に伴う流通不振、輸出向け原料の中国での滞留が伝えられ、価格的にも不安要素を抱えながらまもなく新漁を迎える。

「積立ぷらす」とのセット加入が浜に定着

 こうした中で北海道漁業共済組合(鎌田光夫組合長)は、今シーズンも秋サケ定置の積極的な「ぎょさい」の加入推進を展開、『漁業経営の後ろ盾』として定着してきた「積立ぷらす」とのセット利用を呼びかけている。

 生産者の負担となる掛金を抑えてより手厚い補償を実現、突発的な不漁による経営不安を解消するのと同時に経営の基盤強化にも貢献する――近年その存在感を増しつつある「漁業共済」を特集する。【半世紀の全道秋サケ漁獲金額とぎょさい加入・支払実績グラフ付】
 (詳細記事については「週刊サケ・マス通信」本誌のご購読をお願いします)


印刷用ページ 

2013年度版のご案内


定置網漁業者手帳
当サイトからご注文
いただけます



現場で使える定置網技術書の決定版です!
申し込みはこちらへ
ミニサイトマップ
水産カレンダー
前月2019年 11月翌月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<今日>
11月18日 の予定
予定なし