| ログイン | 
コンテンツ
媒体紹介とコンタクト
週刊サケ・マス通信のサイトにようこそ

札幌市に本拠を置き取材活動を行う「週刊サケ・マス通信」のオフィシャルサイトです。北海道を中心に最新の秋サケ水揚げ状況から、加工流通に至るまでを網羅したサケ・マスの総合情報メディアです。
また北海道の水産関連事業の最新ニュースなども提供し、水産業界から一般消費者に向けたPR、さらに北海道の浜からの「海の幸の話題」などもお届けしていきます。
バッセル化学の船底塗料

おなじみの「新海物語」3タイプ!
詳細はバッセル化学のページ
誌面記事ダイジェスト
誌面記事ダイジェスト : 【5月のサケ・マス類輸入】養殖物の数量減と相場下方修正進む
投稿者 : edit01 投稿日時: 2015-07-17 09:03:00 (552 ヒット)

養殖物主体に数量減と

相場の下方修正進む


=5月のサケ・マス類輸入実績=

<2015.7.17日配信号>

前年比3割減の1万5千トン、単価2カ月連続で700円台

 財務省通関統計に基づく5月のサケ・マス類輸入は、チリからの冷ギンやフィレ製品を主体に月間1万4900トン、114億円の実績となった。夏場のベニ盛期まで輸入物搬入の端境期に入ったことで前月に比べて4割ほど搬入レベルはダウン。主力の冷ベニやトラウト、フィレ類などチリからの養殖物の搬入が減ったことで前年同月に比べても3割ほど少ない。総輸入単価はキロ763円で前月とほぼ同水準、900円台まで上昇した前年後半に比べると依然として下落傾向が続いている。

 ロシア200海里水域の流網禁止問題に絡んで北洋物の高騰が続く中だが、輸入物については数量の縮小と相場の下方修正が継続しており、新漁を目前に控える秋サケの流通にどんな影響を与えるのか注目される。
 (記事詳細については「週刊サケ・マス通信」本誌のご購読をお願いします)

※下記サイトからも閲覧下さい。本サイトになります。
http://salmon-news.com/news-digest/1516.html


印刷用ページ 

2013年度版のご案内


定置網漁業者手帳
当サイトからご注文
いただけます



現場で使える定置網技術書の決定版です!
申し込みはこちらへ
ミニサイトマップ
水産カレンダー
前月2020年 5月翌月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
<今日>
5月25日 の予定
予定なし