| ログイン | 
コンテンツ
媒体紹介とコンタクト
週刊サケ・マス通信のサイトにようこそ

札幌市に本拠を置き取材活動を行う「週刊サケ・マス通信」のオフィシャルサイトです。北海道を中心に最新の秋サケ水揚げ状況から、加工流通に至るまでを網羅したサケ・マスの総合情報メディアです。
また北海道の水産関連事業の最新ニュースなども提供し、水産業界から一般消費者に向けたPR、さらに北海道の浜からの「海の幸の話題」などもお届けしていきます。
バッセル化学の船底塗料

おなじみの「新海物語」3タイプ!
詳細はバッセル化学のページ
誌面記事ダイジェスト
誌面記事ダイジェスト : 不透明感強く不漁傾向も 【春鮭鱒】今期は高値か
投稿者 : edit01 投稿日時: 2015-04-24 09:17:08 (903 ヒット)

不透明感強く不漁傾向も

【春鮭鱒】今期は高値か


<2015.4.24日配信号>

 4月15日に日本水域内の小型サケ・マス流網船の操業がスタートし、連休明けからはいよいよ沿岸の春定置によるトキシラズ水揚げが徐々に活発化。今年もまもなく春のサケ・マス商戦が本番時期を迎える。

 近年、薄漁やコスト増などで厳しい操業と採算が続く日本水域に加えて、流網漁禁止法案問題に絡んでロシア水域の漁業交渉は遅延、さらに昨年からは従来5月上旬からだった操業始期が6月からへと短縮されるなど、生産面、流通面双方ともにいつにも増して不透明感が強い中での盛期入りとなりそうだ。

チリ銀相場の下落も絡み消費地は慎重な相場形成期待

 本号では道水産物荷主協会が大手荷受・関係商社に実施したアンケートから「春鮭鱒」を紹介する。法案問題や近年の不漁傾向から今期は高値を想定する向きが多い中だが、下方修正が進むチリ銀を筆頭にマーケットで競合する輸入養殖物との兼ね合いから、需給バランスに見合った慎重な相場形成を望む声が大勢を占めた。
 (記事詳細については「週刊サケ・マス通信」本誌のご購読をお願いします)


印刷用ページ 

2013年度版のご案内


定置網漁業者手帳
当サイトからご注文
いただけます



現場で使える定置網技術書の決定版です!
申し込みはこちらへ
ミニサイトマップ
水産カレンダー
前月2019年 11月翌月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<今日>
11月13日 の予定
予定なし