| ログイン | 
コンテンツ
媒体紹介とコンタクト
週刊サケ・マス通信のサイトにようこそ

札幌市に本拠を置き取材活動を行う「週刊サケ・マス通信」のオフィシャルサイトです。北海道を中心に最新の秋サケ水揚げ状況から、加工流通に至るまでを網羅したサケ・マスの総合情報メディアです。
また北海道の水産関連事業の最新ニュースなども提供し、水産業界から一般消費者に向けたPR、さらに北海道の浜からの「海の幸の話題」などもお届けしていきます。
バッセル化学の船底塗料

おなじみの「新海物語」3タイプ!
詳細はバッセル化学のページ
誌面記事ダイジェスト
誌面記事ダイジェスト : 【イクラ流通】販期ずれ込みようやく新物 高値で動き低調
投稿者 : edit01 投稿日時: 2015-04-17 09:43:22 (693 ヒット)

=水産物荷主協会実施の荷受アンケートから=

販期ずれ込みようやく新物

イクラ流通高値で動き低調


 前号に続き、北海道水産物荷主協会がこのほど実施した荷受機関・商社対象のアンケート調査から今回は「イクラ」について紹介する。設問は1販売の特色2改善要望3今年の展望―の3点。昨年は、前年の秋サケ復調で越年在庫が比較的多い状況での新シーズン入り。その結果、歳末商戦を迎えても全般に在庫整理に追われる展開となった。盛期の不漁で漁期途中から新物価格は上げに転じ、在庫処理に加えてこれがネックとなって「売りにくい」商戦が続いた。

在庫水準は低位か 「堅調相場」想定の声も

 新物はようやく年明けから本格的な動きとなったものの、高値から荷動きは低調。今期秋サケの好不漁に左右されるとみる向きが多いが、さほど多くないと想定される在庫水準から「相場堅調」を予想する声も多い。ただ、荷動きが鈍い中で輸入物との兼ね合いもあり、今期も親と同様に冷静なスタートが求められそうな情勢だ。
 (詳細記事は「週刊サケ・マス通信」本誌のご購読をお願いします)


印刷用ページ 

2013年度版のご案内


定置網漁業者手帳
当サイトからご注文
いただけます



現場で使える定置網技術書の決定版です!
申し込みはこちらへ
ミニサイトマップ
水産カレンダー
前月2019年 11月翌月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<今日>
11月21日 の予定
予定なし