| ログイン | 
コンテンツ
媒体紹介とコンタクト
週刊サケ・マス通信のサイトにようこそ

札幌市に本拠を置き取材活動を行う「週刊サケ・マス通信」のオフィシャルサイトです。北海道を中心に最新の秋サケ水揚げ状況から、加工流通に至るまでを網羅したサケ・マスの総合情報メディアです。
また北海道の水産関連事業の最新ニュースなども提供し、水産業界から一般消費者に向けたPR、さらに北海道の浜からの「海の幸の話題」などもお届けしていきます。
バッセル化学の船底塗料

おなじみの「新海物語」3タイプ!
詳細はバッセル化学のページ
誌面記事ダイジェスト
誌面記事ダイジェスト : 生産なお不透明、先読みにくい展開か―秋サケ商戦展望
投稿者 : edit01 投稿日時: 2014-07-25 09:08:13 (972 ヒット)

生産なお不透明先読みにくい商戦か

=どう動く!? 今期の秋サケ商戦=

 <2014.7.25日配信号>

 道内秋サケ漁の開幕まで早くも約1カ月余り。地域によっては今期も厳しい来遊が想定される中、消流面では強いフィレ・ドレス製品と弱いイクラ相場という親子で両極端な構図のまま新物スタート時期へと突入する。

強含むドレスに対してイクラ低迷、親子で両極端な構図

 競合する輸入養殖物の縮小と高値、一方で出足好調な海外ベニやマスの情勢が絡んで、国内生産の行方も不透明感を残す中で販売筋にとっては先の読みにくい商戦本番となりそうだ。加えて後続の東北エリアは震災年級が主群の4年魚で回帰する年に当たることから、東北の加工業者にとっては原料確保の面などでさらに難しい舵取りを強いられる可能性もある。今期の秋サケはどう動くのか。商戦を展望する。

※第13次定置漁業権の免許状況および秋サケの操業期間図を掲載

(記事詳細については「週刊サケ・マス通信」本誌のご購読をお願いします)


印刷用ページ 

2013年度版のご案内


定置網漁業者手帳
当サイトからご注文
いただけます



現場で使える定置網技術書の決定版です!
申し込みはこちらへ
ミニサイトマップ
水産カレンダー
前月2020年 3月翌月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
<今日>
3月31日 の予定
予定なし