| ログイン | 
コンテンツ
媒体紹介とコンタクト
週刊サケ・マス通信のサイトにようこそ

札幌市に本拠を置き取材活動を行う「週刊サケ・マス通信」のオフィシャルサイトです。北海道を中心に最新の秋サケ水揚げ状況から、加工流通に至るまでを網羅したサケ・マスの総合情報メディアです。
また北海道の水産関連事業の最新ニュースなども提供し、水産業界から一般消費者に向けたPR、さらに北海道の浜からの「海の幸の話題」などもお届けしていきます。
バッセル化学の船底塗料

おなじみの「新海物語」3タイプ!
詳細はバッセル化学のページ
誌面記事ダイジェスト
誌面記事ダイジェスト : 正念場の小型サケ・マス まずまずの好漁好値発進
投稿者 : edit01 投稿日時: 2014-04-25 09:14:36 (626 ヒット)

正念場の小型サケ・マス

まずまずの好漁好値発進


道東太平洋小型サケ・マス流網漁 春鮭鱒の水揚げスタート

 <2014.4.25日配信号>

 日本200カイリ水域内の道東太平洋小型サケ・マス流網漁が15日解禁し、最初の操業を終えた先陣約10隻が週明け21日から根室市の歯舞、花咲などの拠点を主体に順次水揚げをスタートさせた。一昨年は氾濫する輸入鮭鱒類大量搬入の余波を受け過去最安値を余儀なくされ、昨年は近年にない不漁で全船赤字操業と2年続けての厳しい採算を強いられており、その意味でも今期は大きな「正念場」の年になる。

 輸入品高騰、消流面で追い風 2年連続の不振挽回へ

 競合する輸入物の搬入が近年になく少なくサケ・マス相場は全般に強含み推移しており、品薄の良質な国産品に対する引き合いもおう盛で今シーズンは好値が期待できる情勢。漁さえまとまれば各経営体ともに一息つける展開が想定されることから、ここ2年続いた深刻な不振挽回に向けて序盤の漁模様と相場形成が注目される。
 (記事詳細については「週刊サケ・マス通信」本誌のご購読をお願いします)


印刷用ページ 

2013年度版のご案内


定置網漁業者手帳
当サイトからご注文
いただけます



現場で使える定置網技術書の決定版です!
申し込みはこちらへ
ミニサイトマップ
水産カレンダー
前月2020年 2月翌月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
<今日>
2月25日 の予定
予定なし