| ログイン | 
コンテンツ
媒体紹介とコンタクト
週刊サケ・マス通信のサイトにようこそ

札幌市に本拠を置き取材活動を行う「週刊サケ・マス通信」のオフィシャルサイトです。北海道を中心に最新の秋サケ水揚げ状況から、加工流通に至るまでを網羅したサケ・マスの総合情報メディアです。
また北海道の水産関連事業の最新ニュースなども提供し、水産業界から一般消費者に向けたPR、さらに北海道の浜からの「海の幸の話題」などもお届けしていきます。
バッセル化学の船底塗料

おなじみの「新海物語」3タイプ!
詳細はバッセル化学のページ
誌面記事ダイジェスト
誌面記事ダイジェスト : 岐路に立つ太平洋小型サケ・マス流網漁
投稿者 : edit01 投稿日時: 2014-03-14 08:56:01 (593 ヒット)

岐路に立つ太平洋小型サケ・マス

<2014.3.14日配信号>

水揚げの伸び悩みとコスト増大

高額の漁業協力費で存続の危機

 日本200カイリ水域で操業する小型サケ・マス流網漁業が大きな岐路に立っている。太平洋海域の資源低迷とそれに伴う漁獲の伸び悩み、燃油高騰・資材経費の増大などにより各経営体ともに非常に厳しい採算を強いられており、出漁隻数は年々縮小傾向をたどっている。特に来月15日から始まる今期は前年の3分の2程度の40隻台にとどまる見通しで、まさに漁業存続に向けて危機的な情勢。

来月15日解禁、漁業交渉は今月24日から東京

 昨年のロシアとの漁業交渉では初めて漁獲割当量の上限設定が撤廃され期待が高まったが、肝心の漁獲が伸び悩むなど難しいシーズンに。水揚げされる「春鮭鱒」はこの時期の重要商材として生産地・消費地ともに欠く事のできないもの。今期の操業を占う意味でも、今月24日から東京で行われる今年度の漁業交渉の行方が大きく注目されている。
 (記事詳細については「週刊サケ・マス通信」本誌のご購読をお願いします)


印刷用ページ 

2013年度版のご案内


定置網漁業者手帳
当サイトからご注文
いただけます



現場で使える定置網技術書の決定版です!
申し込みはこちらへ
ミニサイトマップ
水産カレンダー
前月2020年 2月翌月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
<今日>
2月25日 の予定
予定なし