| ログイン | 
コンテンツ
媒体紹介とコンタクト
週刊サケ・マス通信のサイトにようこそ

札幌市に本拠を置き取材活動を行う「週刊サケ・マス通信」のオフィシャルサイトです。北海道を中心に最新の秋サケ水揚げ状況から、加工流通に至るまでを網羅したサケ・マスの総合情報メディアです。
また北海道の水産関連事業の最新ニュースなども提供し、水産業界から一般消費者に向けたPR、さらに北海道の浜からの「海の幸の話題」などもお届けしていきます。
バッセル化学の船底塗料

おなじみの「新海物語」3タイプ!
詳細はバッセル化学のページ
誌面記事ダイジェスト
誌面記事ダイジェスト : サケ消費 生鮮品は前年並みを堅持<H25年家計調査>
投稿者 : edit01 投稿日時: 2014-02-21 09:08:32 (382 ヒット)

サケ消費 生鮮品は前年並みを堅持

=総務省平成25年家計調査から=

<2014.2.21日配信号>

鮮サケ消費 札幌市が6年ぶり青森市を抜きトップ

 総務省が毎年実施している家計調査の平成25年・年間最新結果が2月18日に公表された。全国1世帯当たり(2人以上の世帯)の品目別支出金額や購入数量などを調査するもので、国民の消費動向を探る指標となるもの。

これによるとサケの年間平均消費は、生鮮品で金額、数量ともに微減ながらもほぼ前年並みの水準を堅持したほか、塩蔵品は金額、数量いずれも2年連続で前年の調査結果を上回る数値を記録し、平成22年以来3年ぶりに年間支出が2000円台に乗るなど減塩志向の中で大きな健闘をみせた。

塩物は復調傾向、2年連続で伸び

 若齢層を中心とした「魚離れ」が叫ばれて久しくなるが、サケについてはここ10年ほど一定の消費水準を維持しており、「日本人の国民食」の根強い人気ぶりを示す結果に。県庁所在地および政令指定都市別(H25年調査から神奈川県相模原市が追加され、調査対象都市数は合計52市に拡大)ランキングにして消費動向を探った。
 (記事詳細については「週刊さけ・マス通信」本誌のご購読をお願いします)


印刷用ページ 

2013年度版のご案内


定置網漁業者手帳
当サイトからご注文
いただけます



現場で使える定置網技術書の決定版です!
申し込みはこちらへ
ミニサイトマップ
水産カレンダー
前月2019年 11月翌月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<今日>
11月18日 の予定
予定なし