| ログイン | 
コンテンツ
媒体紹介とコンタクト
週刊サケ・マス通信のサイトにようこそ

札幌市に本拠を置き取材活動を行う「週刊サケ・マス通信」のオフィシャルサイトです。北海道を中心に最新の秋サケ水揚げ状況から、加工流通に至るまでを網羅したサケ・マスの総合情報メディアです。
また北海道の水産関連事業の最新ニュースなども提供し、水産業界から一般消費者に向けたPR、さらに北海道の浜からの「海の幸の話題」などもお届けしていきます。
バッセル化学の船底塗料

おなじみの「新海物語」3タイプ!
詳細はバッセル化学のページ
誌面記事ダイジェスト
誌面記事ダイジェスト : 前年比14%減の25万トンに縮小―平成25年のサケ・マス輸入
投稿者 : edit01 投稿日時: 2014-02-07 08:47:50 (308 ヒット)

前年比14%減の25万トンに縮小

平成25年のサケ・マス類輸入

 <2013.2.7日配信号>

養殖物の成長不振と高値、円高も影響 史上最高から一転

 財務省通関統計に基づく平成25年のサケ・マス類総輸入は、フィレ製品を含めて最終合計24万9000トン、1544億円の実績となった。ノルウェー産養殖アトランの成長不振に端を発した世界的なタイトな需給環境とそれに伴う価格の急上昇、さらに円高為替の影響などを背景に前年比14%、約4万トンの減少となっており、チリギンの大量搬入で過去最高となった前年から一転、ノルウェー、チリなど主要国からの養殖物の搬入が軒並み減少し大幅に縮小した。

 昨春以降の単価の急激な高騰を受けて金額ベースではほぼ同額を維持しており、昨年当初まだ底値付近にあったチリギンを除いて各品目ともに前年を大きく上回る単価を記録、年間総体では前年より16%も高いキロ平均620円としチリギンの大量搬入による値崩れ以前の600円台前半にまで戻した形となった。
(記事詳細については「週刊サケ・マス通信」本誌のご購読をお願いいたします)


印刷用ページ 

2013年度版のご案内


定置網漁業者手帳
当サイトからご注文
いただけます



現場で使える定置網技術書の決定版です!
申し込みはこちらへ
ミニサイトマップ
水産カレンダー
前月2019年 11月翌月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<今日>
11月13日 の予定
予定なし