| ログイン | 
コンテンツ
媒体紹介とコンタクト
週刊サケ・マス通信のサイトにようこそ

札幌市に本拠を置き取材活動を行う「週刊サケ・マス通信」のオフィシャルサイトです。北海道を中心に最新の秋サケ水揚げ状況から、加工流通に至るまでを網羅したサケ・マスの総合情報メディアです。
また北海道の水産関連事業の最新ニュースなども提供し、水産業界から一般消費者に向けたPR、さらに北海道の浜からの「海の幸の話題」などもお届けしていきます。
バッセル化学の船底塗料

おなじみの「新海物語」3タイプ!
詳細はバッセル化学のページ
誌面記事ダイジェスト
誌面記事ダイジェスト : 秋サケ内販に脚光 「原点回帰」の流れ
投稿者 : edit01 投稿日時: 2013-11-01 09:13:39 (398 ヒット)

秋サケ内販に脚光

「原点回帰」の流れ

<2013.11.1日配信号>

チリギン乱高下で旬の秋サケに出番 価格の底支えに

中国輸出停滞と生産減少で見直される国内市場

終着点で12万トン超えがみえてきた今期の道内秋サケ。目廻りの回復傾向もあって生産量はここ直近5シーズンでは平成21年に次いで2番目に多い水準にまで復調することが確実視される情勢だ。

 しかし、その一方で浜値は序盤から高値が続き、平均キロ単価は今期も400円台半ばと3年連続で最高値が持続されている。この高値が障壁となって新物の中国輸出は様子見が続いており、一部日本企業の委託加工向けを除き荷動きの重さが伝えられる。

 内販に目を転じると昨年来からのチリギン乱高下の余波から、今秋は主要量販店で旬の生秋サケが見直される機運が高まった。仕向けのけん引役だった中国輸出の不透明感もあって、好値の底支えとしてかつての主軸だった国内流通に再び脚光が集まる「原点回帰」の流れが強まっているという。
 (記事詳細については「週刊サケ・マス通信」本誌のご購読をお願いします)


印刷用ページ 

2013年度版のご案内


定置網漁業者手帳
当サイトからご注文
いただけます



現場で使える定置網技術書の決定版です!
申し込みはこちらへ
ミニサイトマップ
水産カレンダー
前月2019年 11月翌月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<今日>
11月12日 の予定
予定なし