| ログイン | 
コンテンツ
媒体紹介とコンタクト
週刊サケ・マス通信のサイトにようこそ

札幌市に本拠を置き取材活動を行う「週刊サケ・マス通信」のオフィシャルサイトです。北海道を中心に最新の秋サケ水揚げ状況から、加工流通に至るまでを網羅したサケ・マスの総合情報メディアです。
また北海道の水産関連事業の最新ニュースなども提供し、水産業界から一般消費者に向けたPR、さらに北海道の浜からの「海の幸の話題」などもお届けしていきます。
バッセル化学の船底塗料

おなじみの「新海物語」3タイプ!
詳細はバッセル化学のページ
誌面記事ダイジェスト
誌面記事ダイジェスト : カラフトマス資源変動と海水温の相関明らかに
投稿者 : edit01 投稿日時: 2013-06-28 09:15:37 (2139 ヒット)

資源変動と海水温の相関明らかに

 来遊急減のカラフトマス 北水研さけます資源部が解析

 <2013.6.28日配信号> 


 独立行政法人水産総合研究センター北海道区水産研究所は、急激な資源減少が近年深刻化しているカラフトマスに関して、来遊不振の要因解明に向けた調査分析を実施し、資源の変動と回遊海域の表面水温との間に大きな相関関係が認められることを明らかにした。


稚魚降海後間もない5月中旬は高水温がプラス
1年目の索餌期、回帰直前の冷水環境も資源に好適


 さけます資源部資源評価Gの斎藤寿彦グループ長を中心とする研究グループが解析したもので、これによると、稚魚が降海する春の沿岸水温が温かく、索餌回遊期に当たる1年目の夏、さらに回帰時期となる2年目の夏季は逆に冷水温のほうが生き残りにプラスに作用していることなどが判明。秋サケと同様に春先の低水温や夏場の異常高水温が近年の来遊に影響を与えているとの指摘がある中で、これらの事象の裏付けともなる貴重なデータを得た。
 (記事詳細については週刊サケ・マス通信本誌をご購読下さい)


印刷用ページ 

2013年度版のご案内


定置網漁業者手帳
当サイトからご注文
いただけます



現場で使える定置網技術書の決定版です!
申し込みはこちらへ
ミニサイトマップ
水産カレンダー
前月2019年 10月翌月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
<今日>
10月19日 の予定
予定なし