| ログイン | 
コンテンツ
媒体紹介とコンタクト
週刊サケ・マス通信のサイトにようこそ

札幌市に本拠を置き取材活動を行う「週刊サケ・マス通信」のオフィシャルサイトです。北海道を中心に最新の秋サケ水揚げ状況から、加工流通に至るまでを網羅したサケ・マスの総合情報メディアです。
また北海道の水産関連事業の最新ニュースなども提供し、水産業界から一般消費者に向けたPR、さらに北海道の浜からの「海の幸の話題」などもお届けしていきます。
バッセル化学の船底塗料

おなじみの「新海物語」3タイプ!
詳細はバッセル化学のページ
誌面記事ダイジェスト
誌面記事ダイジェスト : 輸入鮭鱒は逆ザヤ解消と冷静相場カギに
投稿者 : edit01 投稿日時: 2013-04-26 09:58:04 (1965 ヒット)

輸入鮭鱒は逆ザヤ解消と冷静相場カギに


<2013.4.26日配信号>


国産サケの不振尻目に通年商材でシェア拡大も


 昨年11万トンという未曾有の大量搬入を記録したチリ産銀ザケを中心に、ここ数年再び増加傾向に転じる輸入鮭鱒。国産サケが来遊不振や震災の影響で振るわず高値を強いられる中、特に養殖物に関しては流通筋にとって安価で安定供給が可能な通年主力商材の位置付けにまで存在感を大きくしている。

 
 道水産物荷主協会が荷受・商社筋に行ったアンケート調査を紹介するシリーズ最終回は「輸入鮭鱒」。設問は1販売の特色2改善要望3今年の展望の3点。


 養殖物については急速な円安に伴い動向が注視される中で今期も相場リスクを抱えながらの販売とみる向きが多く、逆ザヤからの脱却、冷静な相場形成がカギに。一方で天然ベニは北米の不振でさらに供給減少が予想され、今期もロシア物主体の動きとなりそうだ。
 (詳細については週刊サケ・マス通信本誌をご購読下さい)


印刷用ページ 

2013年度版のご案内


定置網漁業者手帳
当サイトからご注文
いただけます



現場で使える定置網技術書の決定版です!
申し込みはこちらへ
ミニサイトマップ
水産カレンダー
前月2020年 2月翌月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
<今日>
2月22日 の予定
予定なし