| ログイン | 
コンテンツ
媒体紹介とコンタクト
週刊サケ・マス通信のサイトにようこそ

札幌市に本拠を置き取材活動を行う「週刊サケ・マス通信」のオフィシャルサイトです。北海道を中心に最新の秋サケ水揚げ状況から、加工流通に至るまでを網羅したサケ・マスの総合情報メディアです。
また北海道の水産関連事業の最新ニュースなども提供し、水産業界から一般消費者に向けたPR、さらに北海道の浜からの「海の幸の話題」などもお届けしていきます。
バッセル化学の船底塗料

おなじみの「新海物語」3タイプ!
詳細はバッセル化学のページ
誌面記事ダイジェスト
誌面記事ダイジェスト : 春鮭鱒 今期も対チリ銀の構図か
投稿者 : edit01 投稿日時: 2013-04-19 09:05:29 (2410 ヒット)

春鮭鱒 今期も対チリ銀の構図か


<2013.4.19日配信号>


本番目前 昨年来の暴落相場は復調予測も


道水産物荷主協会の全国大手荷受・商社アンケートから

 今シーズンの日本200カイリ海域内小型サケ・マス流網漁が今週15日に解禁、5月の大型連休と前後して道東、日高方面では定置が網入れとなり、沿岸のトキ水揚げが徐々に活発化に向かうなど、今期もいよいよ春鮭鱒、春定置の季節を迎える。


 昨年は「チリ銀ショック」の大きな余波を受け、主力のトキ、ベニ、マスともに過去にない安値にさいなまれるなど大苦戦を強いられたが、今期はどう動くのか――。道水産物荷主協会が主要荷受・商社筋に行った水産物アンケートを紹介するシリーズの3回目は「春鮭鱒」。1販売の特色2改善要望3今期の展望―の3つの設問に対する各社の回答要旨を紹介する。


 例年高値がネックとなるこの時期の国内産鮭鱒だが、昨年は序盤からの全般的な安値により、産地の苦戦とは裏腹に荷動きに関しては概ね良好に。今期も「対チリ銀の構図が続く」とみる向きも多く、好不漁とともに輸入物の相場に左右される展開を予想する声が多くなっている。

 (詳細に関しては週刊サケ・マス通信本誌をお読み下さい)


印刷用ページ 

2013年度版のご案内


定置網漁業者手帳
当サイトからご注文
いただけます



現場で使える定置網技術書の決定版です!
申し込みはこちらへ
ミニサイトマップ
水産カレンダー
前月2020年 2月翌月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
<今日>
2月22日 の予定
予定なし