| ログイン | 
コンテンツ
媒体紹介とコンタクト
週刊サケ・マス通信のサイトにようこそ

札幌市に本拠を置き取材活動を行う「週刊サケ・マス通信」のオフィシャルサイトです。北海道を中心に最新の秋サケ水揚げ状況から、加工流通に至るまでを網羅したサケ・マスの総合情報メディアです。
また北海道の水産関連事業の最新ニュースなども提供し、水産業界から一般消費者に向けたPR、さらに北海道の浜からの「海の幸の話題」などもお届けしていきます。
バッセル化学の船底塗料

おなじみの「新海物語」3タイプ!
詳細はバッセル化学のページ
誌面記事ダイジェスト
誌面記事ダイジェスト : 放流稚魚 前年に続いて大幅縮小へ―岩手の秋サケ
投稿者 : edit01 投稿日時: 2013-01-24 08:47:38 (806 ヒット)

放流稚魚 前年に続いて大幅縮小へ―岩手の秋サケ

<2013.1.18日配信号>

秋サケ定置ほぼ終漁 2シーズン連続の大不振が確定


 岩手県の秋サケ定置網漁は、県南を主体に水揚げ継続中ながら、県北方面では網揚げとなる地区が多くなり、ほぼ終漁時期を迎えた。県内総漁獲は7000トン台半ば、定置網のみでみると7000トンに満たない水準と2年連続で過去にない大不漁が確定する中、懸案となっていた親魚確保・採卵についても非常に厳しい情勢となっている。


採卵数は10日現在で3億粒台半ばにとどまる


 今月10日現在の採卵数は県全体で3億6000万粒ほどにとどまり、すでに大きな上乗せが見込めない時期に入っていることから、来遊不振に加えて震災被害に伴うダメージがより顕著だった昨シーズンを若干上回る程度の低位にとどまる公算が強まり、これに伴い放流尾数は3億尾台前半と近年平均に比べて1億尾前後も減る見通しだ。

 2年連続の大幅ダウンは避けられず、さらに直接的な将来の漁獲低下につながるものとして大きな波紋を広げている。
 (詳細については週刊サケ・マス通信本誌をお読み下さい)


印刷用ページ 

2013年度版のご案内


定置網漁業者手帳
当サイトからご注文
いただけます



現場で使える定置網技術書の決定版です!
申し込みはこちらへ
ミニサイトマップ
水産カレンダー
前月2020年 6月翌月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
<今日>
6月7日 の予定
予定なし