| ログイン | 
コンテンツ
媒体紹介とコンタクト
週刊サケ・マス通信のサイトにようこそ

札幌市に本拠を置き取材活動を行う「週刊サケ・マス通信」のオフィシャルサイトです。北海道を中心に最新の秋サケ水揚げ状況から、加工流通に至るまでを網羅したサケ・マスの総合情報メディアです。
また北海道の水産関連事業の最新ニュースなども提供し、水産業界から一般消費者に向けたPR、さらに北海道の浜からの「海の幸の話題」などもお届けしていきます。
バッセル化学の船底塗料

おなじみの「新海物語」3タイプ!
詳細はバッセル化学のページ
誌面記事ダイジェスト
誌面記事ダイジェスト : 秋サケ水揚げベスト20 網走漁協が首位返り咲き
投稿者 : edit01 投稿日時: 2012-11-30 09:18:18 (1212 ヒット)

秋サケ水揚げベスト20 網走漁協が首位返り咲き

<2012.11.30日配信号>


今シーズンも「根北エリア」が上位を独占


 11月28日現在の集計に基づく平成24年度の漁協・地区別全道秋サケ水揚げベスト20が出揃った。一部まだ操業中ながら、主要エリアの切り上げにより順位が確定した。首位は網走漁協で2年ぶりの返り咲き。2位には前年トップの斜里第一がランクインし、この2単協が1万トンの大台超え。今シーズンも「2強」の首位争いとなった。

 3位には羅臼、4位には大きく復調した標津が入り、以下ウトロ、常呂、野付と今期も知床南北を挟んだ根室・北見の「根北エリア」が上位を独占する形となった。

 今期も不振に終わった太平洋側ではえりもが10位、大津が13位のほか、ひだか、日高中央が入った。日本海側も広域合併2漁協が入るなど健闘。ただ、全般的には今期もオホーツク方面の強さが目立つ顔ぶれとなった。
 (詳細は「サケ・マス通信」本誌でお読み下さい。グラフ付)


印刷用ページ 

2013年度版のご案内


定置網漁業者手帳
当サイトからご注文
いただけます



現場で使える定置網技術書の決定版です!
申し込みはこちらへ
ミニサイトマップ
水産カレンダー
前月2020年 2月翌月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
<今日>
2月22日 の予定
予定なし