| ログイン | 
コンテンツ
媒体紹介とコンタクト
週刊サケ・マス通信のサイトにようこそ

札幌市に本拠を置き取材活動を行う「週刊サケ・マス通信」のオフィシャルサイトです。北海道を中心に最新の秋サケ水揚げ状況から、加工流通に至るまでを網羅したサケ・マスの総合情報メディアです。
また北海道の水産関連事業の最新ニュースなども提供し、水産業界から一般消費者に向けたPR、さらに北海道の浜からの「海の幸の話題」などもお届けしていきます。
バッセル化学の船底塗料

おなじみの「新海物語」3タイプ!
詳細はバッセル化学のページ
誌面記事ダイジェスト
誌面記事ダイジェスト : 岐路に立つ秋サケ中国輸出 今期も大幅縮小必至の情勢
投稿者 : edit01 投稿日時: 2012-10-19 09:44:24 (1134 ヒット)

岐路に立つ秋サケ中国輸出

今期も大幅縮小必至の情勢

<2012.10.19配信号>

中国国内の在庫過多で安くても売れず


 近年の価格形成をけん引し、国内の適正流通を促す上でも欠くことのできない存在だった秋サケの中国輸出。その中国輸出が現在、大きな岐路に立っている。

 水揚げ不振による浜値、製品価格の上昇に加えて、加工原料として秋サケとは競合関係にあるロシア産マス、チャムの大増産が主な要因となるが、特に今期は中国サイドが在庫過多の状況に陥っており、「安くても売れない」情勢が当分続きそうな気配だ。

反日感情の高まりでリスク回避し加工国変更する動きも
 
 さらには領土問題に端を発した反日感情の高まりと大規模デモが暗い影を落としており「リスクを押してまで無理に中国での加工は進められない。現地もヒネ在庫を抱え積極的な動きが見えてこない」と商社筋では本番を前に早くもあきらめムードも。

 震災・原発事故に伴う風評や長引く円高なども重なり、ここ数年で急速に減少へと転じている中国輸出だが、道内の水揚げが前年並みの不振で推移していることもあって、今期も大幅な縮小が避けられそうにない状況だ。
(詳細については週刊サケ・マス通信本誌で。ご購読申込みよろしくお願いいたします)


印刷用ページ 

2013年度版のご案内


定置網漁業者手帳
当サイトからご注文
いただけます



現場で使える定置網技術書の決定版です!
申し込みはこちらへ
ミニサイトマップ
水産カレンダー
前月2020年 2月翌月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
<今日>
2月18日 の予定
予定なし