| ログイン | 
コンテンツ
媒体紹介とコンタクト
週刊サケ・マス通信のサイトにようこそ

札幌市に本拠を置き取材活動を行う「週刊サケ・マス通信」のオフィシャルサイトです。北海道を中心に最新の秋サケ水揚げ状況から、加工流通に至るまでを網羅したサケ・マスの総合情報メディアです。
また北海道の水産関連事業の最新ニュースなども提供し、水産業界から一般消費者に向けたPR、さらに北海道の浜からの「海の幸の話題」などもお届けしていきます。
バッセル化学の船底塗料

おなじみの「新海物語」3タイプ!
詳細はバッセル化学のページ
誌面記事ダイジェスト
誌面記事ダイジェスト : 道内秋サケ漁 勝負の10月上旬も精彩を欠く水揚げ
投稿者 : edit01 投稿日時: 2012-10-12 10:13:05 (964 ヒット)

道内秋サケ 勝負の10月上旬も精彩欠く水揚げ

<2012.10.12号配信>


最終水揚げ10万トン台か 今期も不漁が確定的な情勢


 道内の秋サケ定置網漁は、注目された10月前半の盛期も期待されたような水揚げを確保できず、小型魚主体の展開もあって依然として前年同期をやや下回る累計6万トン台半ばに低迷している。


浜値は反発 再び上げ基調 Bメス800円台後半も


 これを受けて一時オスを主体に急落した浜値は反発、メスで700円台後半、Bメスで800円台、オスも200円台後半から300円台中心へと再び上方修正を余儀なくされた。

 10月上旬段階の水揚げの最終実績に占める比率は近年通常6〜7割ほど。昨年、一昨年ともに10月下旬以降での上乗せ分はいずれも全道で4万トン台前半にとどまっており、これに当てはめると異例の残暑で高水温の影響が大きいとは言え、従来と同様の来遊パターンであれば最終水揚げは全道合計でも10万トン台半ばの計算に。

 今後の大幅なペースアップは時期的にも難しい状況で、今期も不漁が確定的な情勢となった。
 (詳細については週刊サケ・マス通信本誌でお読み下さい)


印刷用ページ 

2013年度版のご案内


定置網漁業者手帳
当サイトからご注文
いただけます



現場で使える定置網技術書の決定版です!
申し込みはこちらへ
ミニサイトマップ
水産カレンダー
前月2020年 5月翌月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
<今日>
5月25日 の予定
予定なし