| ログイン | 
コンテンツ
媒体紹介とコンタクト
週刊サケ・マス通信のサイトにようこそ

札幌市に本拠を置き取材活動を行う「週刊サケ・マス通信」のオフィシャルサイトです。北海道を中心に最新の秋サケ水揚げ状況から、加工流通に至るまでを網羅したサケ・マスの総合情報メディアです。
また北海道の水産関連事業の最新ニュースなども提供し、水産業界から一般消費者に向けたPR、さらに北海道の浜からの「海の幸の話題」などもお届けしていきます。
バッセル化学の船底塗料

おなじみの「新海物語」3タイプ!
詳細はバッセル化学のページ
誌面記事ダイジェスト
誌面記事ダイジェスト : H24年度以降のサケ・マス民間増殖体制 第3期検討協が最終答申
投稿者 : edit01 投稿日時: 2012-02-03 11:03:31 (433 ヒット)

平成24年度以降の道内サケ・マス民間増殖体制<2012.2/3配信号>

=「第3期増殖体制検討協議会」が最終答申=

道増協の基準事業費は12億円を堅持


 平成24年度以降の民間増殖団体による自立したサケ・マス増殖体制の構築に向けて検討を重ねてきた道さけ・ます増協正副会長の諮問機関「第3期増殖体制検討協議会」が1日に札幌市で開かれ、検討結果についての報告をまとめ最終答申した。


経営難の地区組織に新規1億円の支援準備


 3月に開かれる役員会を経て、正式な指針が決定される。道増協の運営・支援事業については、最も関心の高かった基準事業費は現状の12億円を堅持し、新規枠組みとして経営難となった地区組織への支援として1億円の資金を準備。


 組織強化・経営基盤の安定化については、従来の方向性を基本的に踏襲し、全道と地区組織が役割分担しつつ、密接な連携の下で効率的なふ化事業とレベル向上に努める。


 また、法人制度改革に伴う組織移行については、25年度からの移行を前提に全道組織が公益社団法人へ、各地区組織が非営利型一般社団法人へ円滑に移行できるように取り組みと支援策を展開していく。


より自立した体制確立と地区組織の財務強化基本に


 限られた厳しい財源の中、道増協は「連合会的な役割を担う組織」として調整機能を強化、地区組織となる各管内増協は経営財務の健全化と自立体制の確立を図っていく方針だ。

 (詳細についてはサケ・マス通信本誌でお読み下さい)


印刷用ページ 

2013年度版のご案内


定置網漁業者手帳
当サイトからご注文
いただけます



現場で使える定置網技術書の決定版です!
申し込みはこちらへ
ミニサイトマップ
水産カレンダー
前月2020年 2月翌月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
<今日>
2月18日 の予定
予定なし