| ログイン | 
コンテンツ
媒体紹介とコンタクト
週刊サケ・マス通信のサイトにようこそ

札幌市に本拠を置き取材活動を行う「週刊サケ・マス通信」のオフィシャルサイトです。北海道を中心に最新の秋サケ水揚げ状況から、加工流通に至るまでを網羅したサケ・マスの総合情報メディアです。
また北海道の水産関連事業の最新ニュースなども提供し、水産業界から一般消費者に向けたPR、さらに北海道の浜からの「海の幸の話題」などもお届けしていきます。
バッセル化学の船底塗料

おなじみの「新海物語」3タイプ!
詳細はバッセル化学のページ
誌面記事ダイジェスト
誌面記事ダイジェスト : 2010.0402配信 道人事1日付 水産林務部長に野呂田氏
投稿者 : edit00 投稿日時: 2010-04-02 20:08:38 (1230 ヒット)

道人事4月1日付 水産林務部長に野呂田氏

水産局長に山崎、技監に佐藤、基盤整備担当局長に小野寺氏

支庁再編9総合振興局、5振興局の新体制がスタート

道は4月1日付で人事異動を発令した。水産林務部関係では、石井直志部長の後任に野呂田隆史・日高支庁長が就任。次長には食品加工研究センター副所長の宮森博康氏が就き、水産局長には山崎峰男水産局次長が昇格。技監には水産振興課の佐藤雅春参事が、水産基盤整備担当局長には水産振興課の小野寺勝広課長がそれぞれ就任した。

また1日の条例施行に伴い、支庁再編に伴う新体制がスタートし、これまでの14支庁体制は9つの「総合振興局」、5つの「振興局」となった。旧網走支庁は新たに「オホーツク総合振興局」に名称が変更された。
また、試験研究機関の分離・統合により、地方独立行政法人北海道立総合研究機構が発足=前号に詳細記事=。水産研究部門では中央水試、函館水試、釧路水試、網走水試、稚内水試、栽培水試、水産孵化場の全7機関が統合。水産孵化場は「さけます・内水面水試」に名称変更され、新たなスタートを切った。
(続きは週刊サケ・マス通信誌面でお読み下さい)



印刷用ページ 

2013年度版のご案内


定置網漁業者手帳
当サイトからご注文
いただけます



現場で使える定置網技術書の決定版です!
申し込みはこちらへ
ミニサイトマップ
水産カレンダー
前月2020年 2月翌月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
<今日>
2月18日 の予定
予定なし