| ログイン | 
コンテンツ
媒体紹介とコンタクト
週刊サケ・マス通信のサイトにようこそ

札幌市に本拠を置き取材活動を行う「週刊サケ・マス通信」のオフィシャルサイトです。北海道を中心に最新の秋サケ水揚げ状況から、加工流通に至るまでを網羅したサケ・マスの総合情報メディアです。
また北海道の水産関連事業の最新ニュースなども提供し、水産業界から一般消費者に向けたPR、さらに北海道の浜からの「海の幸の話題」などもお届けしていきます。
バッセル化学の船底塗料

おなじみの「新海物語」3タイプ!
詳細はバッセル化学のページ
誌面記事ダイジェスト
誌面記事ダイジェスト : オホーツク建マスが盛漁期に突入
投稿者 : edit00 投稿日時: 2011-08-19 12:45:00 (1819 ヒット)

オホーツク建マスが盛漁期に突入<2011.08/19配信号>

豊漁年も休漁明け予想外の伸び悩み


豊漁年の年回りで水揚げ伸長に期待がかかる建マス(オホーツクサーモン)が予想外に伸び悩んでいる。

盛期に入った今月上旬から全般に薄漁が続いており、親魚確保のための休漁期間(12〜16日)を挟んだ再開後の17日も主力の網走管内合計で約700トン弱の水揚げにとどまった。

豊漁年の休漁明け最盛期レベルとしてはボリュームに乏しい状況で、道漁連北見支店の集計でも17日現在の概算累計で管内合計約3000トンと同じ豊漁年の一昨年同期(6400トン)に比べて約半分の水準。
翌18日は管内計500〜400トンに縮小したことから浜値は高値で250円台と再び上げ基調に転じている。
今期オホーツク海の建マス漁は、本格シーズンに入った7月下旬から「豊漁年にしては少ない」との声が大半を占め、不漁年だった前年よりは各地とも当然それを上回る水揚げ推移ながらも盛り上がりを欠く展開に。
夏場を迎えて長らく大きなシケがなかったことが要因との指摘もあり、浜では「ナギ続きで魚が陸側に寄っていないのでは。少しシケで雨が降って川水でも出れば水揚げも増える」「やや水温も高め」などの声も挙がっていた。


(続きは週刊サケ・マス通信誌面でお読み下さい)


印刷用ページ 

2013年度版のご案内


定置網漁業者手帳
当サイトからご注文
いただけます



現場で使える定置網技術書の決定版です!
申し込みはこちらへ
ミニサイトマップ
水産カレンダー
前月2019年 10月翌月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
<今日>
10月20日 の予定
予定なし