| ログイン | 
コンテンツ
媒体紹介とコンタクト
週刊サケ・マス通信のサイトにようこそ

札幌市に本拠を置き取材活動を行う「週刊サケ・マス通信」のオフィシャルサイトです。北海道を中心に最新の秋サケ水揚げ状況から、加工流通に至るまでを網羅したサケ・マスの総合情報メディアです。
また北海道の水産関連事業の最新ニュースなども提供し、水産業界から一般消費者に向けたPR、さらに北海道の浜からの「海の幸の話題」などもお届けしていきます。
バッセル化学の船底塗料

おなじみの「新海物語」3タイプ!
詳細はバッセル化学のページ
誌面記事ダイジェスト
誌面記事ダイジェスト : 全国サケ取引懇 震災の余波で秋サケ商戦見通せず
投稿者 : edit01 投稿日時: 2011-08-05 13:52:42 (855 ヒット)

震災の余波で秋サケ商戦見通せず

<2011.08/5配信号>

道水産物荷主協会が札幌で全国サケマス・魚卵会議

無い物高による過熱スタートに強い警戒感

社団法人北海道水産物荷主協会が主催する「第33回全国サケ・マス・魚卵大手荷受・荷主取引懇談会」が3日、札幌市内のホテルで開催された。秋サケ商戦本番を目前に控えたこの時期に毎年開催されているもので、全国主要荷受、道内水産加工業者、生産者、商社ら関係者約200人が出席、秋サケやイクラに関する消流課題について率直な意見交換が行われた。
親子とも原料の在庫水準が低くスムーズな消流が期待される一方で、消費に対する震災と原発事故の影響は避けられないとの見方が大部分を占めるなど、相反する要素をはらんだ特異なシーズンとの位置付けの下、無い物高による過熱スタートを警戒する声や不透明感の残る輸出の動向を最大の懸案だとする意見なども挙がっていた。

開会に当たり、あいさつに立った宮崎征伯会長(山十前川商店社長)は「今期の最大の関心事はやはり震災と原発問題だろう。三陸方面のサケの中には一度南下してから北に向かう群もあると聞く。放射能の影響を受ければ親子ともに今年の商戦や輸出はすべてアウトになる。イクラをみると5月の大型連休頃までは上げ相場となったが、それも一時的なものでその後は再び停滞。高い物は売れず、デフレにも拍車がかかり消費力が落ちている印象だ。極めて不透明感の強い今期をどう乗り切るのか。いい話ができれば幸い」と話し、忌たんのない意見交換を求めるとともに商戦の成功を願った。
懇談会は宮崎会長を司会に進行が行われ、出席者からは震災・原発問題の余波が尾を引く中での今期商戦の展望などを中心に多数意見が寄せられた。
(続きはサケ・マス通信本誌でお読みください)


印刷用ページ 

2013年度版のご案内


定置網漁業者手帳
当サイトからご注文
いただけます



現場で使える定置網技術書の決定版です!
申し込みはこちらへ
ミニサイトマップ
水産カレンダー
前月2020年 3月翌月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
<今日>
3月30日 の予定
予定なし