| ログイン | 
コンテンツ
媒体紹介とコンタクト
週刊サケ・マス通信のサイトにようこそ

札幌市に本拠を置き取材活動を行う「週刊サケ・マス通信」のオフィシャルサイトです。北海道を中心に最新の秋サケ水揚げ状況から、加工流通に至るまでを網羅したサケ・マスの総合情報メディアです。
また北海道の水産関連事業の最新ニュースなども提供し、水産業界から一般消費者に向けたPR、さらに北海道の浜からの「海の幸の話題」などもお届けしていきます。
バッセル化学の船底塗料

おなじみの「新海物語」3タイプ!
詳細はバッセル化学のページ
誌面記事ダイジェスト
誌面記事ダイジェスト : 秋サケ輸出規制強化で停滞の懸念も
投稿者 : edit01 投稿日時: 2011-07-08 15:12:01 (1473 ヒット)

道定置漁業協会の現地対話集会がスタート<2011.07/08配信号>

秋サケ輸出規制強化で停滞の懸念も

イクラは好転期待 道漁連が消流対策などを説明


北海道定置漁業協会(阿部滋会長)が定置漁業者への情報提供の場として毎年秋サケ漁期前のこの時期に実施している現地対話集会が、1日の石狩・後志・桧山地区を皮切りに順次開催されている。
この中で道漁連が今期の秋サケを取り巻く消費環境などに関して解説。親製品の処理配分の約半分を占める輸出については、東日本大震災および原発事故による海外からの輸入規制強化に伴い長期的に不透明感の強い状況が続くと予想、円滑な輸出が図られるよう放射能検査の整備・強化や申請書類の軽減など各種手続きの緩和を関係行政に訴えていく方針だ。輸出停滞も想定される予断を許さない情勢下のため、生鮮品を主体とした国内流通の拡大にも取り組む。
また、昨年在庫過多で大きな混乱を招いた子のイクラ製品については、昨年の供給減少に伴い相場は回復基調にあり、今期は繰越在庫500トンという近年にない低レベルで新物シーズンを迎えられそうな状況にあることなどが報告された。
(続きは週刊サケ・マス通信誌面でお読み下さい)


印刷用ページ 

2013年度版のご案内


定置網漁業者手帳
当サイトからご注文
いただけます



現場で使える定置網技術書の決定版です!
申し込みはこちらへ
ミニサイトマップ
水産カレンダー
前月2020年 5月翌月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
<今日>
5月31日 の予定
予定なし